【2019年版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説 ≫

GPUの性能の見方についてGeforce, Radeon別に紹介

パソコンの使用用途がゲーム動画編集3DCG仮想通貨のマイニング、データ分析、ディープラーニングなど、GPUが必要なものの場合、GPUの性能によってどれだけ快適に作業できるか、どれだけ高速かつ効率的に作業できるかが決まってきます。

 

この使用用途の場合、色々なパーツの中でGPUがパフォーマンスに大きな影響を与えるので、GPU選びは慎重にする必要があります。

そのために、GPUの性能の見方、調べ方について紹介しようと思います。

 

 

GPUメーカーのNVIDIA社, AMD社について

パソコン向けのGPUのチップを作っているメーカーは、NVIDIA社とAMD社の2社となります。

nvidia     amd

 

 

NVIDIA社のGPUについて

NVIDIAは、Geforce, Quadroというブランドのチップ、グラフィックボードを作っています。

Geforceは、ゲームや動画編集をする方なら聞いたことがあると思います。

 

それぞれの違いについて少し解説します。

 

Geforceは、動画再生や3Dゲーム向けに作られたもので、多くのゲームがGeforceを前提に開発されています。

他の使用用途に比べれば、ゲームのユーザーが多くいるためシェアが大きく、名前だけなら聞いたことがあるという方も多いので知名度も高いです。

コンシューマー向けのGPUと言ったところ。

 

3Dゲームに特化しているものの、動画編集などのソフトウェアに関してもGeforceの性能を発揮してくれます。

動画のエンコードは基本的にCPUで行われますが、動画編集ソフトによっては、GPUを使用してエンコード時間を短縮してくれるものもあります。

 

また、同じGPUチップが搭載されていても、GigabyteやASUS, 玄人志向などのグラフィックボードのメーカーがGPUチップの仕様に沿って、ファンの数やサイズをカスタマイズした製品を出しているので、メーカーによっても性能が若干異なります。

 

 

Quadroは、CAD、3Dモデリング、画像・動画編集、ディープラーニング、HPC(高性能計算)、医療イメージングなどのクリエーター向け・業務利用向けに開発されたチップ。

 

こちらは、他のメーカーがカスタマイズして販売することはなく、NVIDIA社のみとなっているため、安定した動作が可能と言えます。

 

 

 

AMD社のGPUについて

AMDは、Radeon, FireProというブランドのチップ、グラフィックボードとなります。

 

Radeonは、コンシューマー向けでゲームの処理を得意としており、Geforceの対抗機種となります。

 

FireProは、Quadroと同じく3Dモデリング、画像・動画編集などのクリエーター向け・業務利用向けとなっており、Quadroの対抗機種です。

 

 

 

3Dゲームと動画編集を両方したいという方は、Geforce, Radeonを選ぶと良いでしょう。

Quadro, FireProの方が動画編集などのクリエーター向けと言われていますが、Geforce, Radeonで全く使えないかと言うとそういうわけではありません。

そのため、より快適な動作が要求される3Dゲームに合わせて、汎用的なコンシューマ向けを選択するのがおすすめです。

 

 

NVIDIA, AMD別型番、性能の見方を解説

ここでは、コンシューマー向けのGeforce, Radeonについて解説します。

1つずつ適当に例を上げて、型番の説明をしていきます。

 

NVIDIA

型番:Geforce GTX 1080 Ti (10シリーズ、Pascal)

 

GTX, 10, 80, Ti に分けることができます。

 

 

GTX

シリーズ内のグレードを表します。

GTXの他に、GTS, GT, GS, 2018年には、RTXという新しいシリーズが発表・発売されました。

グレード毎の性能順は、RTX > GTX > GTS > GT > GS となります。

 

10

シリーズを表します。

世代とも言われており、シリーズ毎に名称も付けられています。

10 シリーズの場合は、Pascalです。

 

この数字が大きいほど最新機種ということになります。

今の主流は、10シリーズ、20シリーズです。

 

80

同じシリーズ内の性能を表します。

GTX 10シリーズでは、80, 70, 60, 50とありますが、この数字が大きい方が性能が高いということになります。

ここの数字で性能と価格が大きく異なってきますので、よく理解しておいた方が良いでしょう。

 

Ti

同じ型番の性能を表します。

 

Geforce GTX 1080

Geforce GTX 1080 Ti

 

このように「Ti」と「無印」がありますが、性能は、Tiの方が高いです。

 

 

AMD

型番:Radeon RX 580

 

R, X, 5, 80

 

R

シリーズの世代を表します。

シリーズの世代毎の性能順は、R > HD > X > 無印 となります。

 

X

シリーズ内のグレードを表します。

グレード毎の性能順は、X > 9 > 7 となります。

 

5

シリーズを表します。

シリーズ毎の、性能順は、Vega > 5 > 4…となります。

一番高性能なVegaを除けば、数字が高ければ高いほど性能が高いことを示しています。

 

80

同じシリーズ内の性能を表します。

RX 5シリーズでは、50, 60, 70, 80とありますが、この数字が大きい方が性能が高いということになります。

Geforce同様に、個々の数字で性能と価格が大きく異なってきます。

 

X

同じ型番の性能を表します。

 

Radeon RX 580にはありませんが、GPUによって、Xが付いているものがあります。

「X」と「無印」がありますが、性能は、Xの方が高いです。

 

 

 

 

他のGPUの性能差の確認方法(ベンチマークサイト, Youtube)

では、型番の見方が分かったところですが、型番毎にどのくらいの性能差があるのか分からなければ、新しいパソコンを検討するときの参考になりません。

そのために、性能差を確認できる方法を紹介します。

 

ベンチマークサイト

 

PASSMARK は、ハイエンドGPUからローエンドGPUまで幅広いGPUのベンチマークスコアを網羅しているサイトです。

 

Nvidia社のGeforce, Quadro, AMD社のRadeon, FireProがまとまっており、性能の高い順に並んでいるので、性能差を比較しやすくなっています。

 

 

Youtube

特に、ゲーム向けにパソコンを考えている人には、Youtubeの性能差比較動画が参考になると思います。

上のようなベンチマークサイトを見ても、実際にゲームを快適にプレイできるか今一つ分かりません。

それより、ゲームの快適さの指標となるFPSを知れる方が参考になると思います。

 

例えば、以下の動画のようにGeforceの同じシリーズのGPUを使用してPUBGのゲームを比較しています。

FPSも一度に比較でき、どのくらい快適に動作しているかもプレイ動画を見つつ確認できるので、おすすめです。

 

PUBG GTX 1050 Ti vs. GTX 1060 vs. GTX 1070 vs. GTX 1080

 

 

ゲーム向けのGPUを検討している方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

PCゲームに必要なスペックの調べ方・確認方法

 

GPUチップで大体の価格帯が決まってきますが、どのGPUがコストパフォーマンスが良いの?ということも気になると思います。

GPUの価格に対してどのくらいの性能があるのかを最近のGPUで比較してみたので、一番コストパフォーマンスが良いものが欲しいという方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

GPUでコスパが良いのはどれかを調査してみた。【定期更新】

 

 

まとめ

・GPUメーカーのNVIDIA社, AMD社とそれぞれのブランドについて説明
・NVIDIA, AMD別型番、性能の見方を説明
・ベンチマークサイト、Youtubeを使って他のGPUとの性能差を確認する方法の紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です