BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

ゲーミングPCの選び方について徹底解説!初めてという方は必見

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

ゲームが好きで、快適に動作するゲーミングPCが欲しいけど、初めて選ぶからよく分からない!

という方に向けて、選び方を失敗しないためにこれだけは知っておいて欲しいということを解説します。

 

 

ゲーミングPCを初めて選ぶという方が知っておくべきこと

これからゲーミングPCを初めて選ぶ!という方は、どういう風に選んでいいか分からないと思います。

 

BTOパソコンであれば、Webページに行ってゲーミングPCの中から選べば良いのかな?というのはイメージが付くと思います。

しかし、ゲーミングPCと絞ったとしても、ゲーミングPCの中にも色々なパソコンが何十種類とあります。

 

これでは、やはりどれを選んで良いか分かりませんよね。(笑)

何がどう違うんだという話になってくると思います。

 

そこで、ゲーミングPCの選び方として、価格帯と性能面からどのように絞り込んで、選んでいけば良いかを解説していきます。

 

 

セール情報バナー

ゲーミングPCの価格帯・相場について

まずは、ゲーミングPCの価格帯・相場について知っておきましょう。

 

結論から先に言うと、ゲーミングPCの相場価格しては、パソコン本体で大体15万~30万ぐらいかなと思っています。

 

ここに、

  • モニターの追加(1.5万~3万程度)
  • Officeツール(0.5万~2万程度)
  • 保証(数千円~2万円程度)

などのオプションを追加すると、約4, 5万程度増えることになります。

そのため色々オプションを付ければ、最終的には、合計で20万~35万程度が相場かなと思っています。

 

パソコンと一口に言っても、安くて8万円、高くなると50万円ぐらいまでパソコンが販売されていて、かなりの価格幅があります。

 

パソコンの価格のほとんどは、性能によって決まると言って良いです。

そのため、安いパソコンは低性能で、高いパソコンは高性能ということになります。

 

しかし、ここで問題なのは、ゲーミングPCを選ぶ際に、最低でもどの程度の価格帯のものを買えば良いのかということです。

 

重要なのは、ゲーミングPCの価格帯のものを外さないということです。

 

ゲームを快適にプレイするためには、高めの性能を必要とするので、8万円の安い価格帯では厳しいでしょう。

12万円以下ぐらいパソコンは、ゲームをプレイするのに必要なグラフィクボードを搭載して”いない”パソコンがほとんどなので、ゲームをプレイするには不向きな価格帯となります。

 

かと言って、50万円と高すぎるパソコンは、快適には動作しますが、パソコンの性能を持て余すことになるので、持て余した性能分に無駄にお金をかけてしまっていることになるので、あまり良くありませんよね。

 

そのためパソコン全体の価格帯からゲーミングPCに適した価格帯に絞ってパソコンを探しましょう。

 

とは言え、15万~30万円でもまだまだ幅が広いと思います。

 

さらに細かく価格帯を分けて、価格帯別にどの程度のゲーム(2Dゲーム、軽めの3Dゲーム、重めの3Dゲーム)が快適に動作するかのザックリとした目安をゲーミングPCの相場価格で解説しているので、詳しくはこちらを参考にして下さい。

 

 

どのくらいの性能が必要か調べる方法

今度は、性能面からパソコンを絞り込む方法ですね。

 

ゲームを快適に動作させるためには、

  1. グラフィクボードの性能
  2. CPUの性能

が重要になってきます。

 

一番大切なのは、グラフィックの性能です。

 

ゲームは、高いグラフィック性能が必要なので、それを担うグラフィクボードが必要となります。

パソコン自体は、グラフィクボードがなくても動作しますが、ゲームや3D処理を行う用途では必須と考えておきましょう。

 

3Dのグラフィックが綺麗な重めのゲームをするような場合は、グラフィクボードの中でも高い性能を持っているものを搭載する必要が出てきます。

この性能が不足するとゲームの動作がカクついたり、最悪動作しないということがあるので、ここは適切な性能のものを選ぶ必要があります。

 

次に、CPUの性能です。

ゲームをするためにグラフィクボードの搭載している場合、メインの映像関連の処理はグラフィクボードで行われるので、

「CPUの性能はそれほど要らないんじゃないの?」

「低性能なCPUで問題ないよね?」

と思われるかもしれません。

 

性能が低いCPUとは、インテル Celeron, Pentiumあたり。

 

しかし、CPUは、グラフィクボードの性能を最大限に引き出すために必要なパーツです。

例え高性能なグラフィクボードを搭載していても、CPUの性能が低いグラフィクボードの性能を活かしきれず、FPS(フレームレート)が下がります。

 

要はバランスが大切ということですね。

極端な性能にしてしまうと悪いパーツが足手まといになり、全体のパフォーマンスを著しく下げる場合があります。

 

CPUは最低でも、Intel Core i5以上、AMD Ryzen 5以上は欲しいところですね。

 

他のパーツの具体的なスペックについては、ゲームにおすすめなゲーミングデスクトップPCを性能別に紹介で解説しています。

 

では、CPUとグラフィクボードの重要性について解説したところで、ゲームに一番重要なグラフィクボードの性能はどのくらいにすれば良いのか?という話をしていきます。

 

もしプレイしたいゲームが決まっている場合は、簡単に絞り込むことができます。

 

方法としては、ゲームの推奨動作環境を調べて、その性能と同程度のグラフィックボード、または、それ以上のものを選びます。

※プレイしたいゲームが複数ある場合は、一番高い性能が必要なゲームを基準に考えましょう。

 

例) Battlefield Vの推奨動作環境

000433-2

例えば、Battlefield Vの推奨動作環境を確認するとグラフィックボードが

  • NVIDIA Geforce GTX 1060
  • AMD Radeon RX 580

となっています。

 

なので、このグラフィックボードか、それ以上の性能のものを搭載しているパソコンを選べば良いわけです。

とは言え、どの型番が上で、どの型番が下かということは、PCパーツに詳しい方でないと、判断するのは難しいと思います。

 

そんな時には、ベンチマークサイト:PassMarkが役に立ちます。

グラフィックボードの性能がスコアとして表示されランキング付けされています。

 

動作環境表にあるグラフィックボードで調べれば、そのグラフィックボードより性能が高いものはどれか、ということがすぐにわかりますね。

※単純に型番の数字が高ければ高性能という訳でもないのでご注意を。

 

また具体的に、どのくらいのFPS(フレームレート)値を知りたいという方は、Youtubeで「ゲーム名 グラフィックボード名」で調べるとゲームのプレイ中のFPSを表示して、グラフィックボード毎に性能比較している動画が出てくるので参考にすると良いと思います。

 

 

ゲーミングPCは他の用途で使えるのか

ゲーミングPCの選び方とは関係ありませんが、ゲーミングPCって他の用途でも使えるのか?という良くある疑問にも少し触れておきます。

 

ゲーミングPCで探しているのであれば、メインの用途としてはゲームのプレイだと思います。

 

しかし、他にも普段使いとしてYoutubeなどで動画視聴したり、ネットサーフィンをしたりすると思います。

軽めの用途だけでなく、動画編集やプログラミングなどクリエイティブな用途にも使うという方がいらっしゃると思います。

 

ゲーミングPCは、全体的に性能が高いパーツ構成なので、他の用途でも十分使用することができます。

 

いくつかゲーミングPCで他の用途でも使えるのかというのを解説した記事があるので、考えている用途があるのであれば参考になると思います。

 

≫ 関連記事:ゲーミングPCの普段使いについて

≫ 関連記事:ゲーミングPCの動画編集について

≫ 関連記事:ゲーミングPCのプログラミングについて

 

 

まとめ:ゲーミングPCの相場と推奨動作環境の確認は覚えておこう!

ゲーミングPCの選ぶ際には、パソコン全体の相場からゲーミングPCの相場に落とし込んで考える必要があります。

 

また、プレイしたいゲームがある場合は、推奨動作環境とベンチマークスコアから、このくらいのグラフィックボードなら動作するな…というのを確認しておきましょう。

 

ゲーミングPCについては、価格別・性能別おすすめのゲーミングPCでも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

BTOメーカーでは各社セールを行っているので、上手く活用すればゲーミングPCを安く手に入れることができると思います。最新のセール情報もまとめているので、ぜひチェックを!!



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です