BTOパソコンのセール&割引情報まとめ【定期更新】

ディープラーニング向けPCの価格帯について解説

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

ディープラーニングなどのAI学習向けのPCってすごい高いスペックが必要そうなイメージだから、価格もすごい高いんじゃないの?

と疑問に思っている方に向けて、価格帯について解説します。

 

結論を言えば、上を見なければ、普通の価格帯のパソコンで十分対応可能です。

 

ディープラーニング向けPCの価格帯について

ディープラーニングなどのAI学習向けのPCの価格帯について、重要なポイントを2つ挙げて、それを中心に解説していきます。

 

その前に、ここで解説するディープラーニング向けPCというのは、

  • 個人でAIについて勉強するために、色々とAIをプログラミングしてみたい!
  • 個人レベルの規模で、ちょっとしたAIを構築、運用したい!

という方向けを前提にしています。

 

そのため、何百万件という膨大なデータを学習させるような大規模な場合は、ここで解説するパソコンで買える価格帯のものより、もっと高スペックのパソコンが必要になってくると思います。

※具体的に言うと、グラフィックボードを数基搭載しているようなパソコン。

 

重要なポイントとは、

  • ディープラーニング向けPCは、意外と一般的なPCと変わらない。
  • ディープラーニング向けPCは、上を見だすとキリが無い。

の2点です。

 

では、1つ1つ解説していきます。

 

ディープラーニング向けPCは、意外と一般的なPCと変わらない。

ディープラーニングなどのAI学習向けのPCの価格帯についてですが、実は普通のパソコンとそんなに変わりません。

 

ディープラーニングなどの一部のAIは、GPGPU(※)で実行可能であるため、グラフィックボードは搭載しておきたいところです。

それを考えると、価格帯としては基本的にゲーミングPCと同程度と言えますね。

 

大体、15万~30万円ぐらいの価格帯という感じで、その中でも20~25万円あたりのパソコンであれば、そこそこのAI学習を行えるスペックは持っています。

 

※GPGPUとは、通常CPUで行っている演算を高い処理能力を有しているグラフィックボードの資源を利用して、より高速に演算する技術のことです。

 

 

ディープラーニング向けPCは、上を見だすとキリが無い。

価格帯は、ゲーミングPCと同じくらいと述べましたが、それは個人が開発できる規模感でAI学習するならという話です。

 

それを除けば、まだまだ高スペックなものがあり、上を見るとキリがありません。

AI学習の場合、CPUやGPUなどのリソースを可能な限り使用するので、スペックが高ければ高いほど、高速に学習することができます。

 

そのため、グラフィックボードを2台以上搭載するということも珍しくありません。

 

さすがに、個人の規模感では複数台は必要ないかなと思っています。

もし必要だとしても、実際にプログラムを作って運用した後に、速度が遅いな!もっと速くしたい!と思ってから追加しても遅くないので、購入時は1台がおすすめですね。

 

 

まとめ:上を見ればキリが無いが意外と高額でなくてもオッケーです。

ディープラーニングなどのAI向けPCって実は意外と高いという訳ではありません。

パーツ自体は、ゲーミングPC程度で十分AIの学習は可能なので、価格帯もゲーミングPCと同じぐらいで、20万~25万円あたりで大丈夫です。

 

ディープラーニング向けのBTOパソコンについては、ディープラーニングにおすすめなデスクトップパソコンを性能別に紹介で解説しているので、どれにしようか迷っている方は、是非チェックしてみて下さい。

 

また、最新のセール情報もまとめているので、こちらを上手く利用すれば、より安く購入できると思います。



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です