【2019年版】おすすめのBTOパソコンを性能別、用途別に解説 ≫

BTOでMinecraftができる10万円前後のゲーミングPC構成を解説

Minecraftをやりたいんだけど、どのくらいのスペックで快適にプレイできるのか?
予算10万円ぐらいで買えないのか?
と疑問に思っている方に対して、10万円台でMinecraftができるゲーミングBTOパソコンについて解説します。

 

結論から言うと、Modなしや軽めのModで快適に楽しむなら10万円以内、重めのModで快適に楽しむなら15万円程度となります。

 

Minecraftであれば、10万円台のミドルスペックなBTOパソコンでOK

3Dゲームは基本的に高めのスペックが要求されることが多いですが、Minecraftの場合は、比較的低いスペックでも快適にプレイすることができます。

BTOパソコンの価格帯で言えば、大体10万円前後になってきます。

快適にプレイというのは、ゲーム画面のフレームレートが30FPS以上であれば、快適かなと思っていますので、それを前提に話を進めていきます。

(動画鑑賞やネットサーフィン、Officeやメーラーなどのビジネスツールなどの普段使いもある程度快適に使用できる構成を想定しています。)

 

ただし、Minecraftには自分でゲーム要素を追加することができる「Mod」というものがあり、こちらを追加して楽しみたいという場合は、少し話が変わってきます。

軽めのModであれば大丈夫ですが、中には大規模で色々な要素を追加するもの(工業化Mod)やグラフィックを向上させる(影Mod)など高い処理性能を要求されるものがあります。

これらを追加して快適にプレイしたいという場合は、大体価格帯が15万~20万円程度のBTOパソコンが必要になってきます。

 

つまり、価格帯としては次のようになります。

  • Modなしで普通にプレイする場合、軽めのModを追加したい場合 –> 10万円以内
  • 大規模Modなど処理性能が要求されるModを追加したい場合 –> 約15万円前後

 

 

Minecraftならグラフィック性能はそれほど必要ない

では、価格帯を解説したところで、次は各PCパーツでどのくらいの性能が必要なの?という部分について解説していきます。

 

BTOパソコンでは、ユーザーが自由に各PCパーツの性能をカスタマイズすることができます。

しかし、それぞれのPCパーツで性能を誤ってしまうと、「快適にプレイできないじゃないか!」という話になってきますので、どのPCパーツでどのくらいの性能があれば、快適にプレイできるかを解説していきます。

 

 

3Dゲームで一番重要なグラフィック性能

Minecraftは、あまり高いスペックは必要としないと言いましたが、それでも3Dゲームは3Dゲームなので、グラフィック性能が快適にプレイできるかどうかという点で重要になってきます。

そのため、グラフィックボードを搭載したパソコンが必要になってきます。

 

グラフィックボードなしでもある程度動くが。。。

グラフィックボードを搭載しない場合、CPU内臓のグラフィックを使用することになります。

CPU内臓GPU(Intel UHD Graphics 620)でMinecraftをプレイしてみた結果、一応、30FPSとある程度快適に楽しむことができますが、敵が多く出てきたり、より遠くを見渡せるようなグラフィック設定にしたいという場合は厳しそうですね。

 

特にゲームをメインにしてパソコンを使いたい場合は、いくら価格を抑えたいからといっても、ゲームを通常の設定(解像度や視認できる距離などのグラフィック設定)でギリギリ快適というラインのパーツ構成を狙うべきではありません。

ある程度、余裕を持ったパーツ構成にする必要があります。

 

どの程度のグラフィックボードが良いのか

では、どのくらいの性能のグラフィックボードが良いの?という部分を解説します。

 

結論を言うと、次にようになります。

  • Modなしで普通にプレイする場合、軽めのModを追加したい場合 –> Geforce GTX 1050, 1060
  • 大規模Modなど処理性能が要求されるModを追加したい場合 –> Geforce GTX 1070, 1080

 

普通にプレイしたり軽めのModを追加したりする分には、Geforce GTX 1050以上の性能で十分です。

さらに、より解像度を高くしてプレイしたり、ゲーム内でより遠くのものを表示するようなグラフィック設定に変更したい場合は、Geforce 1060が良いでしょう。

 

また、大規模なModや影Modなどを追加した上で快適にプレイしたい場合は、Geforce 1070以上の性能が必要になってくるでしょう。

 

 

2番目は、CPU性能

CPU性能については、グラフィックボードほど重要ではありません。

ただし、CPU性能が低すぎるという場合も問題なので、最低でもこの性能のCPUは搭載しましょうという部分を解説します。

 

低すぎた場合、CPU性能が足を引っ張って、たとえグラフィックボードの性能が良くても全体のパフォーマンスが下がる(ボトルネック)ということが起きます。

つまり、CPU性能は高い性能を目指さなくていいけど、快適にプレイできるボーダーライン(下限)は知っておきましょう!ということです。

 

そのボーダーラインとしては、Core i3 シリーズぐらいですね。

それより下の性能であるCeleron, Pentiumの場合は、少し厳しいです。

 

 

3番目は、メモリ容量

次にメモリ容量です。

これもCPU性能と同様、上を目指す必要は全くなく、必要最低限必要なボーダーラインを知っておきましょうということです。

 

こちらは、最低で8GBです。

Minecraft自体に使用するメモリは8GBも必要ありませんが、パソコンのシステムや立ち上げているアプリなどを考慮すると8GBぐらいが良いと思います。

 

4GBでも動かなくは無いですが、他のアプリなどを考えるとおすすめしません。

またMinecraft以外の普段使いも考えているのであれば、8GBにすべきです。

 

 

Minecraftを快適にプレイできるBTOパソコンの紹介

では、上で解説した性能を満たすBTOパソコンを探してみましょう。

 

Modなしで普通にプレイする場合、軽めのModを追加したい方向けのBTOパソコン

 

モデル名:NEXTGEAR-MICRO im610BA1

ktm_410

 

 

パーツ名 スペック
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Core i3-8100

4コア/4スレッド, 3.6GHz

メモリ 8GB
GPU GeForce GTX1050
SSD 240GB
HDD なし

 

価格:76,980円(税別)

 

CPU・メモリは最低限にして、グラフィックボードをGeForce GTX1050にしたモデルです。

ゲーミングPCとしては、エントリーモデルと言った感じなので、Minecraftやそれ以外にも比較的軽めな3Dゲームであれば快適に動作します。

 

気になるポイントとしては、ストレージですね。

Minecraftなどのゲームをする分には、SSDの240GBだけで十分ですが、普段使いのことも考えるともう少し欲しいところです。

Officeファイル、ソフトウェアを保存しておくのであれば何とか足りると思いますが、音楽や動画、動画編集などの素材を扱うのであれば、もう少し必要と言った感じ。

SSDの容量UPやHDDの追加などはカスタマイズできるので、用途に合わせて変更すると良いですね。

HDDの1TB, 2TBを追加したとしても、10万円には届かないと思うので、とてもリーズナブルな構成です。

 

NEXTGEAR-MICRO im610BA1の詳細を見る

 

 

 

大規模Modなど処理性能が要求されるModを追加したい方向けのBTOパソコン

 

 

モデル名:NEXTGEAR-MICRO im620GA2

-370380

 

 

パーツ名 スペック
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Core i7-8700 6コア/12スレッド, 3.2GHz (4.6GHz)
メモリ 8GB
GPU Geforce GTX 1070
SSD なし
HDD 1TB

 

価格:149,800円(税別)

 

CPU, GPUに高性能なパーツが搭載されたモデルです。

 

大規模なMod、影Modだけでなく、遠くを見れるようにしたり、光源の描写をよりスムーズにしたりと負荷のかかるグラフィック設定でも快適にプレイできます。

Minecraftだけでなく、比較的グラフィック性能が必要な3Dゲームもプレイできると思います。

 

また、CPU性能も高いため、動画鑑賞やネットサーフィン、Officeやメーラーなどのビジネスツールだけでなく、動画編集、3DCG、3Dモデリングなどのクリエイティブな用途にも使えます。

 

NEXTGEAR-MICRO im620GA2の詳細を見るicon

 

 

まとめ:10万~15万円ぐらいでMinecraftを快適にプレイできる。

ゲーミングPCの中では、比較的リーズナブルな値段に収まったと思います。

 

ぜひこれを機に、紹介したBTOパソコンで快適に動作するMinecraftライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です