ドスパラならキャッシュレス(クレジット)で5%還元!! 増税前よりお得に買える ≫

初心者がパソコンを買うおすすめの方法

どうも、パソコンブロガーのケンさん(@pasolog_ken)です。

パソコン初心者の方がどういった点に注意して、どういう風にパソコンを選んで購入するべきか紹介します。

 

BTOメーカーの店舗がおすすめ

結論から言うと、BTOメーカーの店舗で購入するのが一番確実です。

 

特に、次に当てはまる場合は、BTOメーカーの店舗で店員にアドバイスを聞きつつ、選ぶのが良いでしょう。

・何を基準に選べばいいか分からない。

・3Dゲームがしたいけど、購入しようとしているパソコンでできるのか。

・使用用途と予算は決まっているが、どれを選べばいいのか分からない。

 

 

おすすめする理由については、下で解説します。

 

 

購入前の注意点

まずは、どのパソコンを買うか商品を眺める前に、決めておくことが2つあります。

 

使用用途

予算

 

使用用途が決まっていなければ、どういったスペック(性能)のパソコンを購入すればいいか全くわかりません。

ひとまず、使用用途を洗い出すことが必須です。

 

例えば、ネットサーフィン、3Dゲーム、動画編集などです。

複数ある場合は、一番スペックを要する項目に合わせて、パソコンのスペックを合わせる必要があります。

 

 

次に、予算です。

 

予算は、あくまで”厳密にここまで!”というより、目安程度に決めておいた方がいいです。

予算をあらかじめ決めておくことで、次のような場合のパソコンの構成を変更せざるを得ない場合もスムーズに決めることができます。

・予算内で、できるだけ安い方が良い。

・予算オーバーであれば、一番スペックの必要な使用用途は諦めて、スペックを低くする。

・使用用途を全て満たしたスペックだが、予算に余裕があるので、より快適にできるようスペックアップする。

 

予算が少なすぎるという場合は、予算設定を見直す必要がありますが、予算をあらかじめ決めておくことで、スペックを変更するときの目安となります。

 

 

パソコンの購入方法(家電量販店、BTOパソコン、自作パソコン)

パソコンを少し詳しい人には当たり前かもしれませんが、初めてパソコンを買うという方は、ビックカメラなどの家電量販店で買うものと思っていませんか?

もちろん、その方法も1つですが、他にもBTOパソコン、自作パソコンがあります。

 

パソコンの購入方法としては、大きく分けて次の4つがあります。

 

 

家電量販店での購入

ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ソフマップなどのお店に行って、既製品(店頭に置いてある既に組み上がったパソコン)を購入します。

 

パソコンのフロアには詳しいスタッフがいるため、使用用途と予算を伝えれば適切なパソコンを紹介してくれます。

 

また、購入するパソコンを決めているが性能が足りるのかなどの疑問をお持ちの方にも、親切にアドバイスをしてくれます。

パソコンにあまり詳しくない方や疑問がある場合には、実際にお店に行って、店員と話しながら購入することをお勧めします。

 

 

BTOパソコンメーカーの店舗で購入。

一番おすすめする購入方法です。

こちらも家電量販店と同じく、既製品を購入しますが、大きく違う点が2点あります。

 

・既製品だけでなく、BTOパソコンも受け付けてくれるので、”店員にアドバイスを貰いつつ”、既製品の構成以外でも購入できる。

使用用途に合わせて、処理性能、ストレージ、グラフィック性能などの各パーツを細かく選択することができる。

 

・店員の知識が豊富。

もちろん、家電量販店のパソコンフロアの方も知識は豊富ですが、BTOメーカーの場合、パソコンに絞った販売をしているため、その分パソコンに専門的な知識を持った人が多いので、安心してお任せすることができます。

 

店舗を持っているBTOパソコンメーカー

マウスコンピューターの店舗情報icon

ドスパラの店舗情報

パソコン工房の店舗情報icon

ツクモの店舗情報

 

 

BTOパソコンメーカーの通販サイトで購入。(インターネットでパーツを選択しての購入)

BTOパソコンのメーカーページから、BTOパソコンを購入する方法です。

ネット上で用途別にあるベースモデルを選択して、予算や必要に応じてパーツをグレードアップして購入します。

 

BTOパソコンは、家電量販店の店頭にある既製品ではなく、ユーザーの要望に応じて、CPU・メモリ・HDDやグラフィックボードなどをカスタマイズすることができます。

 

しかし、パーツの知識が無いからカスタマイズできないという方も安心です。

動画編集向けやゲーミング向けなどの使用用途に応じて、BTOパソコンが用意されているので、使用用途に沿って選択すれば、最低限その用途で使用できるパソコンを購入することができます。

 

さらに、選択したBTOパソコンの各パーツの性能をアップすることができるので、予算に応じて変更していくと良いでしょう。

 

BTOパソコンとは何かより詳しく知りたい方は、以下を参考にしてください。

BTOパソコンとは?

 

 

自作パソコン(各パーツを購入して自分で組み立てる方法)

こちらは、初心者にはなかなか難しいので、「こういった方法もあるのかー。」という程度に紹介したいと思います。

 

興味を持った方は、自作パソコンについて調べてみる良いでしょう。

(※今後、自作パソコンに関する記事を更新していく予定です。)

 

自作パソコンとは、CPU, メモリー, マザーボード, HDD, 電源, ケースなどの各パーツを購入して、自分で組み立てる方法です。

 

最近は、同スペックのパソコンの場合、BTOパソコンでも自作パソコンでも差ほど価格に変わりありません。

比較してみた記事もあるので、参考にしてみてください。

自作PCとBTOパソコンの同スペック帯の値段比較!安いのはどっちだ!

自分でパーツ毎に性能を選択できるので、パソコンの使用用途が決まっていて、どのくらいの性能のパーツを選択ればいいか分かっている方におすすめです。

自作パソコンの一番のメリットは、必要なパーツの性能は高く、不必要なパーツの性能は低くすることで本当に必要な部分にお金を掛け、無駄な出費を防げるところです。

例えば、普段インターネットの閲覧やメールの確認しかしないのに、高性能なCPUや大容量なHDDは必要でしょうか?

当然ですが、高性能な分だけ、大容量の分だけお金がかかってしまいます。

必要ない部分は、性能の低いCPUにしたり、容量の小さいHDDやHDDの代わりに起動速度を上げるためにSSDに変更したりすることで、無駄のないパソコンを手に入れることができます。

しかし、使用用途は決まっていても、CPUの性能をどのくらいにすればいいのかなどパーツ毎の知識が最低限必要になってきますので、少し難しいかもしれませんが、一番コストパフォーマンスの良い購入方法かと思います。

 

初めて組み立てるときは、「静電気とかで壊れないかな。」「組み立てを間違えてパーツを駄目にしてしまわないかな?」など色々と不安はありますが、静電気の対策グッズを使ったり、BTOメーカーのパーツ保証などを利用することで対策することができるので、「純粋にパソコンを組み立ててみたい!」という方は、ぜひ挑戦してみると良いでしょう。

パソコンは、そんなに頻繁にする買い物でもないので、チャンスがあるときにぜひ挑戦してください。

私は、何台か組み立てたことはありますが、思っていたより簡単にできます。

 

 

おすすめの買い方は、BTOパソコンメーカーの店舗購入

初心者の方に、一番おすすめするとすれば、BTOパソコンメーカーの店舗で購入することです。

やはり、使用用途と予算を決めた上で、プロである店員にアドバイスを貰いつつ選ぶのが一番です。

 

それであれば、家電量販店かBTOパソコンメーカーの店舗の2つになりますが、もう1点理由があります。

 

BTOパソコンメーカーの方が、スペックに対して妥当な値段であるということ。

家電量販店を悪く言うつもりはありませんが、中には、「このスペックで、この値段は高くないか?」と思う製品を時々見かけます。

 

主に、そのメーカーのプレインストールされているソフト(※)代や場所代、人件費にお金がかかっているからでは?と感じます。

※初期からインストールされているソフト

 

その点、BTOパソコンメーカーのパソコンは、プレインストールされているソフトも無く、主にネット通販をやっているので、場所代や人件費を比較的低く抑えることができるので、その分パソコンの価格に還元し、スペック本来の妥当な値段に近づけることができているのではないかと思います。

 

店舗を持っているBTOパソコンメーカー

マウスコンピューターの店舗情報icon

ドスパラの店舗情報

パソコン工房の店舗情報icon

ツクモの店舗情報

 

 

まとめ

一番は、BTOパソコンメーカーの店舗で購入する。

 

パソコンに関して、興味があるという方や知識をつけたいという方は、通販でのBTOパソコン自作パソコンにチャレンジしてみると良いでしょう。



どうも、ケンさん(@pasolog_ken)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です